SILICONが独自に開発したRapidアーク溶接(RAW)は、高温の容器や炉の内部の耐火アンカーを固定する、革新的な方法です。

アンカー施工工程の品質、スピード、安全性を最大限に高められる方法であると、業界内で認められています。

従来のスタッド溶接ではなくRAW技術を使用することで、弊社のチームは、業界屈指の精度を守りながら、施工時間を劇的に短縮することができます。

施工に関しては、弊社のRapidアーク溶接の出張チームが、世界のどこであろうと対応させていただいております。また、お客様のご要望に応じて、RAWの機器と技術をレンタルまたはリースさせていただきますので、お客様の従業員が施工作業を行うことも可能です。

スピードボルト®を使用するCEMEXプロジェクトのビデオをご覧ください

私たちはお客様のフルサービスパートナーです

耐火アンカーの設計・製造・施工に関しては、弊社は間違いなく専門家です。弊社は、お客様のプラントやプロジェクトのダウンタイムを最小限に抑えることが重要であると認識しています。ですから、サービスを提供する際はそうした目標の実現に向けてあらゆる努力をします。

迅速な対応と出動

機械類、溶接ガン、付属品のレンタル

プロジェクト管理

冶金コンサルティング

アンカーの品質管理、監督、施工

手溶接の10倍以上の速度で溶接することにより、作業中のダウンタイムを短縮。

すべての製品とサービスが、あらゆる産業に対応。

御社のアンカーをRapidアーク溶接の可能なバージョンにしていただくと、より速く、より良く溶接することができます。

従来のスタッド溶接機

  • SILICONのRapidアーク溶接機 – メリット
  • スタッドの種類によってスタッドガンを使い分けなければならないことがよくある
  • 表面が汚れた状態で溶接できてしまう
  • ガンが過熱するリスクがある
  • バネ式
  • 溶接が成功したかどうかの表示がない
  • 重くてかさばる
  • オペレーターがマシンのプログラムを変更する必要がある
  • 溶接パラメータの設定方法が不正確

SILICONのRapidアーク溶接機 – メリット

  • 電力損失がない - RAWマシンが自動的に補正
  • 3mm(1/8インチ)から36mm(1.4インチ)までのスタッドを溶接可能なシングルガン。ご要望に応じて50mmにも対応可
  • スタッドと金属面の間の抵抗があるのは、酸化物やその他の汚染物が存在する証なので、その場合は溶接できなくなる
  • 熱の蓄積によるジャミングが発生しない
  • ステッピングモーターが、スタッドの移動中に加速/減速するようプログラムされている
  • 2つのLEDライトで溶接が良好か不良かを表示
  • 従来機に比べて30%の軽量化を実現
  • ガン側でのプログラム切り替えが可能 – 高所作業時に便利
  • ユーザーフレンドリーなタッチ画面

CEMEXプロジェクト

Jorg Spzerlinski氏(エンジニアリング&プロジェクトマネージャー) Cemexドイツ:「このシステムの大きなメリットは、施工のスピードが速いことと、スタッドが長期間にわたって保持されることです。アンカーが摩耗しても、スピードボルトを使えば、アンカーを交換するだけで済みます。」

お問合せ内容