News
March 1st, 2022

SpeedBolt®は普通のアンカーではありません。それは機械的なアップグレードです!

この再利用可能なSpeedBolt®システムがなぜ機能するのかをお知らせします。=>>> セメント産業

可動アンカーは、主に耐火物の動きにより多くの応力が発生するロータリーキルンで使用されます。それらは可動式というプロセスだけの為ではなく耐火材の撤去時の衝撃で破棄されてしまいます。

ところが、SpeedBolt®は再利用可能なのです。

SpeedBoltが4〜5年のサービスの後どのように見えるかの下の写真を参照してください。
Cemex Rüdersdorf, in Germany (2022年)の現場にて最近撮影

完全に破壊されたVアンカーとSpeedBolt®の外観を比較すると、Vアンカーでも当初の役目を果たしていたことはわかります。ただし、それは環境条件(耐火材撤去時の衝撃)のために、Vアンカーが破壊される事は消耗品、と見なされることを意味します。Vアンカーの重要な羽の部分は耐火材の撤去時に破壊されるか、運転時に焼失してしまっています。SpeedBolt®の形状はアンカーから物理的に分離され、より温度の低い側にあり(耐火層の底部)、高温プロセス及び特に重要なことはチッピングハンマー(耐火物の除去プロセスの一部の衝撃)にもかかわらず、完全な形状を保持します。

そのため、SpeedBolt®は「単なる」アンカー(消耗品)と見なされるべきではありません:それはセメント生産機器のへの機械的アップグレードです。

写真は錆やほこりのためによく見えないかもしれません、Vアンカーが腐食しているように見えるかもしれませんが、それはこの製品がそうなるように設計されているからです。
アンカーのベースに取り付けられた小さなワイヤー(あなたが疑問に思っていた場合に備えて)は、耐火物の取り付けのために木製のフォームを結び付けるところから、これは非常に普通なことです。

SpeedBoltが3〜4年のサービスの後どのように見えるかの下の写真を参照してください。
イスタンブールのNUHセメント(2022年)の現場にて最近撮影された物です。

一言で言えば、SpeedBolt®システムは将来のターンアラウンド(定修)で時間とコストを削減します。

SpeedBolt®アンカーは、新しいブルホーンアンカーを次の定修で取り付けるだけで新しいアンカーを溶接する必要がありません。ステンレス鋼からできていますので、数回(数年)の定修における腐食に耐えることができます。
そうです。SpeedBolt®は問題なく耐火材の解体のストレスに耐え、次の定修で再利用できるのです。

  • 広い波形は、柔軟性と抵抗を提供するあらゆる方向で耐火物を保持します。

  • 基礎となるSpeedBolt®は直径5/8インチ(16㎜)あり体積の大きな耐火材を保持する為に強固な溶接部を提供します。

こちらにご興味をお持ちかもしれません。

お問合せ内容