C-10 可動式アンカー

可動式アンカーは、耐火物の移動によるストレスが多く発生するロータリーキルンで主に使用されます。このアンカーは、施工時には固定されますが、運転中は「自由」になります。これにより、耐火物に変動荷重がかかった際にアンカーが耐火物と一緒に移動し、双方にかかるストレスを軽減することができます。
スピードボルト®システムは、Rapidアーク溶接が可能なスピードボルト®と、特別に設計されたブルホーンアンカー、プラスチッククリップで構成されています。作動温度に達すると、固定されていたクリップが溶融し、スピードボルト®ブルホーン耐火アンカーが自由に動くようになります(用途に応じたフローティング特性)。スピードボルト®は、SILICON社のRapidアーク溶接技術を用いて溶接するように設計されています。これにより、安全性が向上し、施工時間と人件費が削減できます。

特許を取得:Speedbolt® NL2006790 - EP2525006 - US8,844,239

こちらにご興味をお持ちかもしれません。