スピードセル®(SpeedCell®)

このシリーズの耐火アンカーは、流動床式接触分解(流動接触分解とも)(FCC)設備で使用するように設計されています。スピードセル®は、熱衝撃に対して非常に高い耐性を持ち、容易に付けられるシングルセルシステムですので、六角メタルに代わる理想的な代替品となります。スピードセル®は、1989年に製油所向けに開発されました。当時エンジニアや施工業者は、石油化学設備で六角メタルを取り付けるのに頭を悩ませていました。SILICONのソリューションは、このシングルセルシステムであり、ラミング材と併せて使用し、1つの独立した抵抗と強度の島を作ります。

30mmモデルは、エッジ付近の小さな隙間を埋めるのに使用します。50mmモデルには、第2世代と第3世代があります。第3世代の50mmスピードセル®は、旧世代の利点をすべて備えているだけでなく、強度と保持力が増しており、コンクリートの締め固めに非常に適しています。

特許を取得しています:SpeedCell® 2G, SpeedCell® 3G オランダ:1036914 - EU:2425192 - 米国:9,127,890 - ブラジル:PI1016125-2

In 2015, our engineering department developed the SpeedHex® 3, the solution to the hex metal corrosion problem. Want to know more? Click here to request your password


SpeedCells® on BURNER PIPES at Heidelberg

こちらにご興味をお持ちかもしれません。